システム部門/StockBook

導入準備から運用までの流れ(参考)

導入前準備
  1. 保管場所の集約:保管場所が分散している場合、できる限り集約して管理業務を効率化する
  2. 保管部品の整理:保管倉庫、棚等の整理を行う
  3. 共有部品の整理:同じ部品であっても、保管場所が違うことによりそれぞれが在庫していたモノを整理して下限在庫数の再設定を行う(同じ部品であっても保管場所が違えば別登録とする)
  4. 在庫データ作成:(一括コンバートする場合)在庫データをExcelで作成する(バーコード等)
導入後運用前準備
  1. ラベルの作成:各部品のラベルを設計、発行する
  2. ラベルの貼付:各棚、部品にラベルを貼付する。(例:1種類の部品につき2~3枚)
  3. その他:その他の各種設定、及び運用ルールの作成
運用
  1. 出庫:ハンディターミナルでラベルのバーコードを読ませ、数量を入力。
  2. 入庫:ハンディターミナルで、出庫時の発注警告画面で印刷したバーコードを読ませ、数量を入力。
  3. データ転送:1日の作業が終了した後にハンディターミナルからPCにデータを転送する。
  4. 発注確認:下限在庫数になったものに警告が表示されるので、確認のうえバーコード付きの発注書を印刷する。
※有線タイプのバーコードスキャナーをご利用の場合は上記③データ転送の作業はなく、入出庫操作の時に発注警告等が表示されます。

運用方法

入出庫
入出庫作業
棚卸
棚卸作業

▲page top